住まいを購入する場合の自分たちの最高額とはどのように調べるのかやどう判断するのかということを書いています。

住まいはリフォーム・増改築で思い出も残していけるもの
住まいはリフォーム・増改築で思い出も残していけるもの

住まいの購入の最高額とは

住まいを購入したいと思ったとして、どれだけの資金を用意できるかということで、それぞれ変わってきますが、その上限ということではだいたい見当がつきます。まず頭金と住宅ローンで住まいを購入しますから、それらの合計が上限ということになります。その上限から下の価格の物件を探すということになりますが、その上限ギリギリというのも恐ろしい気もします。ある程度ゆとりを持たないと、何か他に資金が必要になることは、誰にでもどの家庭にでも起こりますので、そのことのための備えの資金も必要になります。それらを借り入れとなると生活が成り立たなくなり、結局は住宅ローンの支払いができなくなるかもしれません。実際にそのような人たちもよく話題になりニュースになっています。

まず返済額の上限ですが年収から割り出します。税込み年収が400万円以上ならば35%以内、400万円未満ならば30%以内、250万円以下の場合は25%いないということが目安ということになります。例えば年収が300万円であれば、月にすると7万5千円が上限ということになります。これは頭金が含まれていませんので、できるだけ頭金を増やして購入するということになります。そのように簡単に計算することができますので、購入できる上限から可能性を見ておくと良いと思います。