住まいを決める時にはいろいろな選択肢があります。自分がどのような住まいを希望するかをまず考えるとよいでしょう。

住まいはリフォーム・増改築で思い出も残していけるもの
住まいはリフォーム・増改築で思い出も残していけるもの

住まいを決めるときの選択肢

住まいを決める時には、いろいろな選択肢があります。戸建て住宅かマンションか、購入するのか賃貸にするのかなど、それぞれのメリット、デメリットを考えて決める必要があります。購入か賃貸かは、自分の資金の都合なども考えます。今は、賃貸を利用して、預金がたまったら購入する、という人もいますし、購入後の維持管理が大変だから、気楽な賃貸を利用し続けるという人もいます。家族がいる場合には、家族と相談して決めることも大切です。

戸建て住宅かマンションかという選択では、自分がどのような住まいを希望しているかで選ぶとよいでしょう。戸建て住宅の良いところは、土地も自分個人のものとなるということがあります。また、子どもがいる場合、思い切り遊ばせることができます。リフォームや補修も好きにすることができるのもメリットでしょう。マンションの良い点は、防犯性が高いことがあります。エントランスに電子キーがあり、勝手に外部の人が入れないようになっているマンションも増えています。また、外出するときに、カギのかけ忘れなども少ないので安心です。共用部分のメンテナンスは、管理組合などが行ってくれるので、何かあった時に自分で直す必要がないのもメリットです。自分がどのようなメリットを求めているかを考えることで、おのずと選択肢は決まります。