住まいに段差がないと、バリアフリーで転倒防止にもなりますし、掃除もしやすいので清潔感が保たれます。

住まいはリフォーム・増改築で思い出も残していけるもの
住まいはリフォーム・増改築で思い出も残していけるもの

段差がない住まいは掃除もしやすい

新築の住まいを建てた当初は「絶対に汚さないように使おう」と意気込んでいても、日々の忙しさの中に身を置いているうちに当初の決断も崩れがちになっていきます。住まいを長持ちさせるポイントとして掃除を毎日しっかりして、劣化を最小限に留めることが大切とはわかっていても、掃除の手間を考えるとさぼってしまう日が続いてしまうものです。それならば、住まいに最初から掃除のしやすさを求めればどうでしょうか。掃除の時最も厄介なのが段差です。掃除機をかけている時に段差で持ち上げなければならなかったり、段差の部分には埃がたまりやすいなどといった面倒さがあります。インテリアとしては段差が上品さを生み出すこともありますが、掃除がしやすくて尚且つデザインも考慮してあると最高です。

段差が少ないと掃除がしやすくなり、住まいを清潔に保ちやすくなります。最近流行りの自走式の掃除機でも、段差がない部屋ならば広範囲を掃除してくれます。段差がないというのは元々はバリアフリーへの意味合いが大きいですが、これがさらに住まいの美しさも維持するのに貢献してくれます。バリアフリーだと子供やお年寄りの転倒防止にも効果が大きいですし、掃除もしやすいです。