自分の住まいを探す時は、自分や家族のいろんな条件がありますが、ある程度は妥協して我慢することも必要でしょう。

住まいはリフォーム・増改築で思い出も残していけるもの
住まいはリフォーム・増改築で思い出も残していけるもの

住まいの決定するにはある程度の妥協も必要です。

一戸建て住宅なりマンションなり、自分や家族の住まいを決めるということは大変なことだと思います。勤務場所等の都合によって間に合わせ的な住まい探しならそれほど深刻には考える必要もないのかも知れませんが、これが一戸建て住宅やマンションを購入するとなると、いろんな条件を加味して決めなくてはなりません。言わば、自分や自分の家族の終の住処を決定するということであり、言い方を変えれば、自分の骨を埋める場所を探すということでもあると思うのです。そう考えるとやはり、きちんとした場所、信用の置ける業者さんから購入したいものです。しかし、これがなかなかうまくはいかないものです。

家族のいろいろな都合、例えば学校までの距離や通学の方法、自分の通勤の方法等その他にも買い物の便や病院までの距離、条件は尽きることがありません。なかなか全ての条件にマッチした土地、一戸建て住宅、マンション等は見つからないものです。そんな時はやはり、ある程度の妥協も必要だと思います。そうしますとやはり家族が優先されるということになるのでしょう。人生で最も大きな買い物ですが、一番妥協が必要とされる買い物でもあるのかも知れません。住めば都という言葉もあります。昔の人は素晴らしいことを言ったものだと思います。