快適な暮らしをする為には住まいの工夫は必要です。そんな住まいの工夫について紹介をしています。

住まいはリフォーム・増改築で思い出も残していけるもの
住まいはリフォーム・増改築で思い出も残していけるもの

快適な暮らしをする為の住まいの工夫を考える

私達が、快適な生活をする為には住まいの工夫が必要です。その為にはどのような工夫が必要なのでしょうか。春夏秋冬暮らす家ですから、季節に合わせて快適な住まいにする必要があります。夏は涼しく、冬は暖かくを考えてしっかり対策をしていきましょう。夏お部屋を涼しくする為に、風通しの良い家を目指しましょう。窓が対角線上にあると風が家の中を通るのでこもった熱を外に逃がすことが出来ます。また、庭先など大きな窓があるところに緑のカーテンを作ると体感温度が二度下がると言われています。緑のカーテンは植物で出来ているので、見た目も優しく太陽の光を優しくさえぎってくれます。また、冬はどうでしょうか。換気は窓や入口など、開け閉めをする場所からも多く入ってきます。

たとえば窓のガラスを厚いものを利用すると、寒さを抑える効果があります。また、冷気は床に溜まりやすくなっています。出来るだけ床に冷気をためないように、エアコンなどを使って空気を循環させましょう。また、窓などに使用するカーテンにも断熱性能があるものが売っています。そういったものを利用すると冷気を家の中に溜めにくくなるので是非利用してみましょう。このように年中快適な住まいにするためには工夫が必要です。是非対策をして、心地よい住まい作りをしていきましょう。