数年前までは人気だったのが三階建ての住まいで、三階建てというのは狭い土地でも建てることができるのです。

住まいはリフォーム・増改築で思い出も残していけるもの
住まいはリフォーム・増改築で思い出も残していけるもの

住まいは二階建てや平屋

主流であった三階建ての住まいというのも現代は新築の場合少なくなり、二階建てや平屋建てという家の人気が高くなっているのだそうです。それは時代背景に理由があるようで高齢化社会になっているので、三階建てよりも二階や平屋建てのほうが住みやすいというのが理由になるのです。現代は高齢者と同居していたり二世帯で住んでいる家庭も多い時代なので、高齢者のいる家庭では三階建てとなると生活に不便なことがたくさん出てしまいます。二階建てであれば階段に手すりをつけたり、階段昇降機という便利なバリアフリー機器もありますので安心なのです。

そして注目されているのが昔の人たちが住んでいた平屋建てという住まいで、日本家屋にはこの平屋建てというのも含まれているのです。一階ですべての部屋がつながっていますので、玄関からすべての部屋に階段を上ることなく行くことができるのです。また平屋建ての家には縁側というものがついており、そこから庭を眺めるというのが昔の人の生活になっていたようです。今はストレス社会でもあり癒しを生活にも求めていますので、平屋建ての家で庭の緑を見れるというだけでも十分な癒しの効果になります。このような昔ながらの家も見直されています。